卒業写真

デッドリー愛が日に日に増します。

アリスインデッドリースクール

アニメバージョンのエンディングを

聞きながら涙目になる毎日です。

歌詞がいいんです。

みんなに共有したくて。

ぜひ聞いてみてくださいね。

《卒業写真》栗生みな

夕日がさす屋上で

グラウンドを眺めぼんやりしてた

ふと気づけば後ろにいた君と

初めて話したんだっけ

たどたどしく少し戸惑い

距離と同じ遠さだった

ただそれでもなんでだろう

いつの間にか『笑ってた』

それからは毎日屋上で
 
 
ふざけ 笑い 夢を語った。
 

イタズラもした。

サボったりもしたね。

怒られるのも一緒だった。

流れてゆく2人だけの今が 夢が眩しくて

これから先離れることは無いと

無いと

勘違いした

あの時が

戻るなら

特別なことはなにもしなくていいから

一緒に笑い

一緒に泣いて

ただ

一緒に

卒業したかった

信じられない

だって

だって

瞼を閉じれば

こんなに こんなに こんなに こんなに

今も笑ってるよ

さみしいよ

さみしいよ

無理に理由をつけて誤魔化してみても

心ではわかってる

今 必要なのが 君なんだって

でも君は嫌がるかな

こんな後ろ向きな私だったら

だからもう

もう泣かないよ

明日の行き先は自分で見つける

夕日がさす屋上で

グラウンドを眺めぼんやりしてた

振り返らないよ

後ろにいた君の笑顔は

アルバムの中に

COMMENTS

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。